SPECIAL SITE of THE BUNGY SHOT

発売前モニターからの報告 vol.9

岩男裕貴 さん (神奈川県在住)

 

西湘ヒラメ日記

激戦メタルジグ界を震撼させる?
投げてよし、泳がせてよし、落としてよしのバンジーショット

第一印象は不細工、よく見ていくと実は理詰め

『メタルジグ』と言う言葉を聞いて、皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?

私は年中サーフからフラットフィッシュ狙っていますが、少し前だったら『メタルジグ』=『青物』という印象しか持っていませんでした。

しかし、ここ最近ではフラットフィッシュをターゲットにしたジギングメソッドが盛んにPRされ、特に『ショアスロー』又は『スピニングスロー』などと呼ばれる特性を持つメタルジグが、釣具店のルアー売場を賑わわせる状況になってきました。

勿論、メタルジグと言えば、一般的には万能型のルアーです。

青物、フラット、根魚、シーバス・・・

どんなフィッシュイーターにも対応出来るのがメタルジグの魅力でもあり、メタルジグ売場にも多種多様の特性を持ったジグが陳列されています。

そんな激戦区と化した市場に参入すべく開発されたバンジーショット。

モニターとして当選させていただいて、最初に製品が届いた時の第一印象はすばり、

不細工(笑)

コンパクトでセンター付近にウエイトが集中するファットな左右対称ボディは、メタボな中年オヤジの私に似ている(汗)

でも、良く見てみると、細部には製作者の意図や工夫が伺える点が多々ありました。

左右対称なボディだと言うことは、間違いなく泳ぎを意識したものだと直感しました。

当初はメーカーからの説明が何もないままだったので、てっきりセンターバランスだと思い込んでいましたが、どうやら4:6のややリアバランスだということです。

これは飛距離に対するこだわりなのでしょうか。

シンキングペンシルとメタルジグのイイトコドリ?

実際に使ってみると、最初に感じたのは、やはり抜群の飛距離です。

フラットフィッシュ狙いに於いては、正直メタルジグはファーストチョイスではありません。

しかし、メタルジグを登場させる場面は往々にして飛距離が求められる状況。

そんな飛距離に加えて、左右対称ボディがもたらすブリブリしたウォブリングアクションでの泳ぎは、間違いなく大きなアピールを発生させます。

現に、ミノーやシンキングペンシルにしか反応せず、他のメタルジグに食わなかったイナダの群れが、バンジーショットにだけは反応したという経験もしました。

メーカーサイドは、単なるメタルジグという枠に収められたくない・・・という意図があるようで、『スイミングペンシル』という言葉を使っています。

その言葉、まさにピッタリな表現だと思います。

投げて落として巻くだけ。

『スイミングペンシル』という呼び名の通り、メタルジグというよりはヘビーシンキングペンシルだという解釈の使い方が向いているのかと思います。

だとすれば!

これは抜群の飛距離を持つシンキングペンシルと言えるのかもしれません。

ホームページでは、フォールの特徴も発表されています。

どうやら単に泳ぎが良いだけのペンシルという訳でもなく、メタルジグとしての機能性も抜群に優れていることが判明しました。

リトリーブでもフォールでも、使い方によって様々な魚種を、高い次元の万能性で狙うことが出来るこのバンジーショット!


発売は2016年4月、楽しみです!

バンジーショット発売前モニターからの報告>

Copyright(C) BASSDAY-JAPAN Inc. All Rights Reserved.

<企画・販売>株式会社バスデイジャパン 〒442-0005 愛知県豊川市本野ケ原1-175 TEL0533-85-3600 FAX0533-85-3601 <開発・製造>バスデイ株式会社