SPECIAL SITE of THE BUNGY SHOT

発売前モニターからの報告 vol.8

杉山 広孝 さん (静岡県在住)

 

キャストしやすく、スプーンのように泳ぐ!
そんなバンジーショットだからこそ、シンプルな操作が効く!!

管理釣り場のトラウトゲームがヒントに?

静岡県西部の遠州灘サーフで、フラットフィッシュをメインに釣行している僕に、バンジーショットは必須アイテムとなってくれるだろうか?

そんな期待と不安を抱きつつ、どんな時に使ってやろうか考えを巡らせながら、実際の釣行を迎えました。

普段から30g以上のメタルジグは使っているのですが、バンジーショットはひときわキャストしやすいし飛距離も出せる!と感じました。

誘い方。まずはロッドを立てて早巻きのストップ&ゴー、表層から中層を探ります。さらにボトムのリフト&フォールを交えます。これらを状況に合わせて使い分けてみます。

スイミングペンシルというだけあって、バンジーショットはミノーやスプーンのように泳ぎます。そのスイミング姿勢を見ているうちに頭の中に浮かんだのは、管理釣り場のトラウトフィッシングでした。

管理釣り場の主力となるスプーンも、表層からボトムまで探ることができる万能アイテム!同じような攻めが、バンジーショットでもできるのではないかと考えたのです。

巻き始めたらストップ&ゴーが操作の基本

そのような試行錯誤をする中
ついに釣果を出すことに成功!

その場所は水深1m以下の浅い場所。着水と同時にボトム状態なので、ロッドを立てて早めにリトリーブ。合間にストップを入れることでジグがバランスを崩します。

・・・そのようなタイミングにバイトが集中しました。

なので僕がオススメするバンジーショットの使用方法は
(1)キャスト後ボトムまでフォールさせる
(2)ロッドを煽らずストップ&ゴーで探る
この時のストップはフォールさせるためのストップではなく、食わせのきっかけを作るためなので、ほんの一瞬です。
そして気を緩めないで自分の足元まできっちり探ります。

シンプルな方法ですが、これが一番です!

今ではこの方法でカラーだけ替え
1日バンジーショットだけ投げている日も少なくありません。
とても信頼できるアイテムとなっております。

<バンジーショット使用時のマイタックル>
ロッド:アングラーズリパブリック/ショアガンSFGS-106M+FLATFISH EDITION
リール:シマノ/ツインパワーSW4000XG
ライン:PE1.2号+フロロ5号リーダー

バンジーショット発売前モニターからの報告>

Copyright(C) BASSDAY-JAPAN Inc. All Rights Reserved.

<企画・販売>株式会社バスデイジャパン 〒442-0005 愛知県豊川市本野ケ原1-175 TEL0533-85-3600 FAX0533-85-3601 <開発・製造>バスデイ株式会社