SPECIAL SITE of THE BUNGY SHOT

貫通性能、アシストフックのトラブルフリー化など
装着フックにまで及ぶバンジーショットのこだわり。

国産フッ素加工フックを採用。

アシストフックとラインをがっちり固定。

バンジーショットには、トレブル、シングル(アシスト)共に日本製(兵庫県加東市 岸田漁具製作所)のフッ素加工フックを装着しています。アユ用やヘラ用のハリではすでに定番化しつつあるフッ素加工は、従来のメッキ加工に比べて、摩擦係数を格段に低くできる表面処理技術。その結果、フックの貫通性能が飛躍的に高まります。
小さな力で深く刺さるため、軽い力で確実なフッキングに持ち込め、魚と出会うチャンスを増やしてくれます。

アシストフックはアシスト用ラインに一度刺し通してから、専用根巻糸で巻き止め、接着剤で固定しています。すっぽ抜けの心配が減り、大物とも安心してファイトできます。

アシスト用ラインは二重構造でトラブル低減。

アシストフックが巻き抵抗を軽減。

アシストフックを結ぶラインは、中空ブレイデッドラインによる二重構造としています。ラインを溶接リングに通して折り返したら、その先を元ラインの空洞内に通して一本にまとめました(下の写真)。
これによりリングと結合するループ部分を可能な限り小さくし、大きなループのアシストフックにありがちな、フックがループに絡まるトラブルを解消しています。根ズレや魚の歯傷に対する強度も向上しています。

アシストフックを外すとスイミング時のアクションが大きくなりますが、同時に巻き抵抗もやや大きくなります。微妙なスイミングバランス調整にも、アシストフックは貢献しているのです。フックを交換される場合は、そこを念頭に入れて行ってください。

アシスト用ラインの製作工程

アシストフック
完成品

バンジーショット発売前モニター、フィールドスタッフ、フィールドモニター等に配布したプロトモデルにはフック仕様の異なるものがあります。釣果情報等をご覧の場合はご了承ください。

カタログページにてバンジーショットの仕様未発表分(フックサイズ・リングサイズ・価格)を公開→

バンジーショット発売前モニターからの報告>

Copyright(C) BASSDAY-JAPAN Inc. All Rights Reserved.

<企画・販売>株式会社バスデイジャパン 〒442-0005 愛知県豊川市本野ケ原1-175 TEL0533-85-3600 FAX0533-85-3601 <開発・製造>バスデイ株式会社