SPECIAL SITE of THE BUNGY SHOT

発売前モニターからの報告 vol.3

高畑 光邦 さん (愛知県在住)

 

みっくんのシーバスモンスターへの道

大河川でのキャスティングゲームにも極めて有効!
高活性のシーバス、モンスター級のクロダイやマゴチをキャッチ!!

河川での使用は当初考えず...

私のメインフィールドの河川は水深が浅く、メタルジグを全く使いません。そのためスイミングペンシルというコンセプトがあっても、構造的にはメタルジグと同じバンジーショットの使用は、全く考えていませんでした。現物が届く前は『到着したらサーフや磯がメインになるな~…、ターゲットは、ヒラメ、マゴチ、青物だな~…』なんて考えていました。

 

いざバンジーショットを手にすると
バンジーショットが到着し、サイズやカラーバリエーションを確認した時『これならいける!私の得意なフィールド=河川でもいける!』そんな確信を持ちました。ターゲットは、シーバスとクロダイと決まり、河川に通う日々が続きました。
その後、河川シーズンが終了となったらフィールドをサーフや磯、離島に切り替える予定とし、そこでのターゲットはヒラメ、青物、マゴチに設定!


ファーストインプレッション
最初に投げる前は、河川では重いかな?と思っていました。
しかし、いざ投げたときに、まず感じたのが軽い!かる~くロッドを振り抜ける!
そして、ルアーの動きがロッドへ伝わるのがよく分かる!
底ズルしないようにロッドを操れば確実にいける!必ず河川でも釣れる!
一投目で私の鼓動を弾けさせてくれましたね!


強風、遠投、ボトム
もろに向かい風、爆風、風により波が立ちすぎている時にメタル素材の重さはアドバンテージとなります。
また、ターゲットの魚種が底付近にいる時は最高の武器になります。
遠投が可能なため遠浅の地形があるポイントや地形が落ち込んでいるポイントでも、有効と思われます。

河川との相性ヨシ!
河川での相性は、予想通りバッチリですね。
特にシーバスとの相性がいい。
また、クロダイ、マゴチにも有効。
全長が短く(約60mm)コンパクトなため、ベイトが小さい時にも相性が良いルアーになります。

使い方はただ巻きが基本
河川では、バンジーショットが着底後に少しロッドを起こし、ただ巻きが有効です。
地形が落ち込んでいる箇所でのリフト&フォールも、ターゲットに口を使わせます。


カラーは最低3色を
ベイトの魚種やサイズにもよりますが、カラーは最低でも3種類ルアーケースに入れておくと安心です。
また、夜には、グローカラーを選択すると集魚力がアップします。


感動の出会いをいくつも!
私のフィールドは、川幅が800mもある大河川になります。
バンジーショットのサイズや泳ぎをみてすぐ、シーバスやクロダイは間違いなく釣れると確信しました。
そして、遂にファーストフィッシュ!
狙い通りのシーバスと巡り会え、ターゲットが間違ってなかったことにホッとしました。
また、別の日には、同じ河川で、モンスター級のマゴチに口を使わせ、丸呑みキャッチ!
さらに、河川でのクロダイシーズンは終了かと思っていた時期、ブリッブリのモンスタークロダイにも出会うことが出来ました。
活性の高いシーバスをキャッチした時は、これまたバンジーショットを丸呑み!最高の喜び!怒涛の釣果となりました。
河川でのメタル系ルアー選択、バンジーショットなら、ドド~ンと魚を引きずり出せることは、証明できたと思います。

 

私がキャッチした魚種の場合、全てがただ巻きです。
小魚を思わせるスイム、波動が良いルアーなため狙ったターゲットを確実にキャッチできる!それがバンジーショット!
メタル系ルアーで釣れるのかな…そんな不安は実践してもらえばすぐ解消、必ずやターゲットを連れて来てくれると分かるはず。
私は、一足早くモニターとして実践を行い、バンジーショットでの実践釣果を引き出せたことが最高に幸せです。

 

2016年春に発売予定となり、
私と同じ気持ちになれるアングラーが増えること間違いないと
考えております。

バンジーショット発売前モニターからの報告>

Copyright(C) BASSDAY-JAPAN Inc. All Rights Reserved.

<企画・販売>株式会社バスデイジャパン 〒442-0005 愛知県豊川市本野ケ原1-175 TEL0533-85-3600 FAX0533-85-3601 <開発・製造>バスデイ株式会社