SPECIAL SITE of THE BUNGY SHOT

発売前モニターからの報告 vol.1

竹川 健二 さん (愛知県在住)

『タダ巻きで泳ぐ』『キャストが決まる』バンジーショットだからこそ可能な
フラットフィッシュ必殺パターンはこれだ!

はじめに

バンジーショットを画像として見た時、偏平のワイドボディーのメタルジグ(スロー系)だと思っていた。そのイメージから、私のモニター活動がスタートした。

ファーストインプレッション

実物が届きワクワクしながら開封してみるとイメージが間違っていた事に気が付く。ジグを上から見ると真ん中より少し後方寄りに丸みを帯びた膨らみがある。そして横から見ると中心部が一番体高のある不思議な形をしている。これは泳がせたら面白そうという直感めいたものを感じた。

フィーリング

*キャスト編

シルエットは小粒な弾丸というイメージ。この形が飛行姿勢を安定させる。ロッドを振りぬくと綺麗な姿勢で沖のサンドバーを超えて行く。40gで推定80mは安定して飛ばすことが出来る。なにより振り抜き感が良い為キャストが楽しく感じる。

*実釣編

やはり泳ぎが良く、シンキングペンシルに近いウネウネという感じ。ヘビーシンキングペンシルと言ったらイメージがしやすいのではないだろうか(バスデイではスイミングペンシルと呼んでいる)。底離れも良く浮かせたい時はリトリーブを早くするだけでレンジを上げる事が出来る。逆に遅くすれば・・・。

 

使い方

メタルジグというと派手にロッドアクション加えジグを動かすという使い方が一般的だが、バンジーショットはシンキングペンシルの使い方に近いと思う。何故ならリトリーブをするだけでルアーが泳いでアピールしてくれるからだ。所謂タダ巻きで使えるルアーなのだ。其処にフォールやトゥイッチを加えてやるとバリエーションが広がる。

ターゲット

これに関しては地域により様々だと思うが、私のホームとなる遠州灘サーフではヒラメ、マゴチなどフラットフィッシュに特に有効である。

使いたいシーン

狙いたいサンドバーが遠い時、風が強くプラグが操りにくい時、流れが強い時等はバンジーショットの出番だろう。先行者に叩かれた後の沖を探る時等は特に使いたいシーンと言える。何故なら他のアングラーとは違う『スイム』で沖を探れるからだ。

特にオススメな使い方

サーフでフラットフィッシュを狙う際にかなり有効な使い方を最後に紹介しよう。
バンジーショットをキャストしたら、まずボトムスレスレを泳がせる。アングラー側から見るとタダ巻きの状態だ。リトリーブ速度は水深によって変わるのでボトムに当たるか当たらないかを意識して欲しい。するとボトムの起伏にジグが当たりスイムが止まる。ここが食わせの間となりバイトポイントになるのだ。
もしそこでバイトが無くても諦めないで欲しい。今度はジグが起伏を登る時、登っているという感触が分かるくらいスローにリトリーブし、さらにロッドティップを使ってシェイクを入れる。これで起伏という壁が目の前に現れ追いつめられてパニック状態のベイトを演出するといったイメージでバイトに持ち込むことが出来る。

これはタダ巻きでターゲットにジグを追わせる事が出来るバンジーショットだからこそ特に有効なパターンであると思う。

メタル製ルアーのイメージが変わる!
バンジーショットをお楽しみに!

サーフではカレイまでヒット

バンジーショット発売前モニターからの報告>

Copyright(C) BASSDAY-JAPAN Inc. All Rights Reserved.

<企画・販売>株式会社バスデイジャパン 〒442-0005 愛知県豊川市本野ケ原1-175 TEL0533-85-3600 FAX0533-85-3601 <開発・製造>バスデイ株式会社