Special

Site

バスデイフィールドスタッフが語る

レンジバイブアイアンの魅力。

Volume 4 澤井 卓也(Bay Champキャプテン 三重県在住)

レンジバイブ70アイアンなら
より遠く、深くを攻められる。
気持ち良く釣りを続けられる。
しかも大型シーバスにも有効だ。

【レンジバイブ70アイアン私感】

ソルト用バイブレーションのなかでいまだトップの座を走り続けるレンジバイブ、その血を受け継ぐべくレンジバイブらしさをとことん追求し、度重なる厳しいテストを繰り返して誕生した鉄板バイブレーション、それがレンジバイブ70アイアンだ。そこで私なりのレンジバイブ70アイアンの特徴、使用した感想などを少しだけ述べてみたい。

【微波動は大型シーバスにきわめて有効】

ご存知の通りこの手の鉄板バイブレーションは振り幅が大きくワイドな動きで高波動なものが多いなか、レンジバイブ70アイアンはきわめてタイトで細かなピッチのナチュラルバイブレーションを発生する。そのくせしっかりとした振動が手元まで伝わり、強すぎず弱すぎない絶妙な波動を実現していることが分かる。時として早巻きが有効な場面であっても疲れることなく、気持ちのよいリトリーブが可能で、しっかりと釣りに集中できる。

また私の経験上こうした動きは後に語るエピソードも含め、きわめて大型のシーバスが反応し好む動きであるということを付け加えておこう。

【飛距離と沈降速度を活用せよ】

次に圧倒的な飛距離。70mm/26gという重さは、今までレンジバイブESやTGでは到底届かなかったポイントでも攻略でき、より多くのチャンスをものにできる。この点は広大なエリア、サーフや沖提、大型河川などを攻める、陸っぱりのアングラーには無論ありがたいところだろう。

また強風や潮の流れが速いシチュエーションで、シーバスが深い場所に位置するとき、レンジバイブESやTGに比べフォールスピードが圧倒的に速いレンジバイブ70アイアンは容易にヒットゾーンまで送り込むことができ、深いレンジでもレスポンスの効いた素早い泳ぎだしでヒットチャンスをものにしてくれる。

フックの糸絡み、あるいはフックがボディに引っ掛かるというストレスの解消に関しても、徹底的に突き詰め改良を重ねていった事で、水深のあるポイントの貴重な一投を無駄にすることがなくなる。

【レンジバイブES、レンジバイブTGも加えて使い分けを】

こうしてみるとレンジバイブ70アイアンだけで釣りが成立し万能であると思われがちだが、私にとって浅いレンジを攻略するにはレンジバイブESは不可欠。さらに遠くに、またミドルレンジを効率よく攻めるには20gのレンジバイブ70TGがなくてはならないアイテムである。どんな時であっても常に自然と向き合い、様々な状況に対応してレンジバイブシリーズを使い分け、その場にベストなアイテムをチョイスすることを心がけていただきたい。

【テレビ取材時にビッグシーバス】

最後に2016年3月中旬、三重テレビ『ルアー合衆国』の取材中、名古屋港ボートシーバスでのエピソードをご紹介しよう。

その場所は誰もが知る超メジャーポイントで、もちろんプレッシャーもかかった一級エリア。そこでレンジバイブ70アイアンの「水平姿勢」「タイトで細かなピッチのナチュラルバイブレーション」というレンジバイブ譲りの波動は見事に70upという大型シーバスをプレゼントしてくれた。まさしく私が求めていた鉄板バイブレーションの理想が現実に変わった嬉しい瞬間でもあった。

あなたも是非一度、手に取って頂きレンジバイブ70アイアンの威力を体感して、心にのこるメモリアルフィッシュをキャッチしてもらいたい。

枠をクリック▶

フィールド
スタッフが語る
レンジバイブ
70アイアン
の魅力。

枠をクリック▶

酒井 晴敏 神奈川県在住

下田 英樹 愛知県在住

鈴木 諒 神奈川県在住

澤井 卓也 三重県在住

Copyright(C) BASSDAY-JAPAN Inc. All Rights Reserved.

<企画・販売>株式会社バスデイジャパン 〒442-0005 愛知県豊川市本野ケ原1-175 TEL0533-85-3600 FAX0533-85-3601 <開発・製造>バスデイ株式会社