バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

米代川サクラマスキャッチの時。

バスデイフィールドモニター 芳賀 聡
2016年4月 30日 秋田県・米代川

ホーム河川である、秋田県・米代川から響く釣果をただひたすら聞きながら、その時を待つ。
普段お世話になっている秋田市のショップに挨拶をし、秋田自動車道経由で米代川に入る。

今年の米代川は普段のシビアな状況とは違い、日本海側サクラマス河川含め、好釣果。河川状況が良ければ、どうにかサクラマスに会えると信じ、キャスト開始したのはかなり遅めの4月30日。

前日等の降雨により、米代川は濁度がきつく、水量もかなり多い状況。最初のポイントに選んだのは、富根地区。
キャスト開始から、30分程で最初のポイントは見切り、移動。

有名ポイント等は避けて車で河川状況を把握するため、少しの間ドライブ。
数ヶ所回り、夕方に入った場所は誰もおらず、緩急がはっきりしているポイント。車をポイントから離れた場所に置いて、そこから釣り下る。

その一帯で出来る最後のポイント付近で、手前だけにほんの少しの緩流があり、下のカーブからの瀬頭を越えると流芯は、川幅全体に広がっていく。
その手前10数mだけは手前筋だけかなり緩めで、スポットでみるなら幅は5m程。
シュガーディープ90F/クランベリーで緩流の筋の外側からチョイ投げで、スポットにアイテムを流し込む。

普段ならシュガー2/3ディープと行きたいところだが、流芯からの攻めではなく、手前筋狙いの僅かなスポットの為、かなり緩いトゥイッチで水噛みの多いシュガーディープ 90Fを使用した。

すると僅か数投でサクラマスが出迎えてくれた。普段は入らない場所に、ふと足が止まった直感的な釣り。

ヤマメ釣行並みに足で稼ぎ、竿抜けしていそうなポイントを大本流の中から探し出すのも、1つの楽しみでもある。瀬頭を遡上して、

「そのポイントの何処ならサクラマスが留まりそうなのか?」

と色々な場面の点を重ねれば、大本流と言えどもスポットが見えてくる。

色々とサクラマスから教わるのも、勉強の1つ。

直感的な釣りしかしないが〝シュガーミノー〟という、心強い相棒が全てを支えてくれてる事に、感謝します。

車を停めている場所からかなり釣り下り、自分が流されたのではないかと心配して駆けつけて写真撮りをしてくれた、友人の高谷さん、ありがとうございました!!

ロッド:スミス IBXX-83MSD
リール:セルテート2500
ライン:バリバス10ポンド
ルアー:シュガーディープ90F/ M-338 クランベリー


【ヒットルアー】
 シュガーディープ90F/ M-338 クランベリー


(2016年5月18日掲載)