バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

レンジバイブでアプローチに変化を

レンジバイブモニター 藤田 健司 様
2016年4月下旬 秋田県・雄物川
先行者がミノーで釣り下った後、同じミノーの釣りではなくレンジバイブを使用して、縦の変化を交えながら釣り下ってみました。

ポイントは手前に流れが寄り、トロ瀬からのヒラキに展開する水深のあるポイント。

個人的感想ですが、バイブレーションプラグでサクラマスを狙う場合には効果的な流れの強さがあるような気がしており、この日の流速だと、ヒラキの手前までがその流れのような気がしました。

ダウンクロスでキャストしカウント。
時折リフトを交えながら、割りと早めのリーリングでテンポ良く下って行くと・・・

沈みテトラの脇でゴン!

無理にファイトし魚を暴れさせるといけないので、焦らず時間をかけてサクラマスの体力を徐々に削いでいき、魚がしっかり浮いてからランディング。昨シーズン8本の自己記録を超え、今シーズン9本目の62cmサクラマスを手にすることができました。

ちなみにこの日、友人もシュガーディープショートビル85Fでサクラマスをキャッチしました。

【ヒットルアー】
レンジバイブ70S


(2016年5月10日掲載)