バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

6月、上流域の利根マス~回顧録~

星野 博史 バスデイフィールドスタッフ(群馬県在住)
群馬県・利根川水系(群馬漁協管内)
例年、利根大堰がピークを過ぎる6月。
利根大堰より上流域で釣果が聞かれるようになってくる。
大堰上流域は流量があり、川幅もかなり広く、釣っていて面白い。

この年、大堰と管轄が被る東毛漁協エリアでよい群れを見つけられなかった私は、
群馬漁協エリアで勝負をすることにした。

レインボーや40cm弱の本流ヤマメはちらほらと顔を出してくれる。
それも嬉しいが、私にとって本命ではなかった。
狙う一尾に出会うため可能な限り通い詰め、半月程たった6月後半、ようやくその時が来た。

広い瀬から流れが一気に絞られ、途中大岩が点在しているエリア。
ガンガンの瀬から丁寧に流していく。
そして少し流れが開いたそのポイントで、手元に物凄いアタリが来た。
やはりこの激流を遡上してきた個体は一筋縄ではいかない。
激しくローリング、ジャンプ、ヘッドシェイクを繰りかえし抵抗する。
なんとかやり取りをしてキャッチできたのは体高もあり立派な魚体だった。

同じ利根川でも利根大堰とはまた違った面白さがある、群馬漁協エリアの釣りである。

【ヒットルアー】
シュガーミノーSG 70F


(2016年4月25日掲載)