バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

濁りと高水位をどう攻略するか?

レンジバイブモニター 藤田 健司 様(秋田県在住)
2016年4月15日 秋田県・雄物川
依然として高水位と濁りが続く、ホームの秋田県・雄物川本流。
河川規模が大きく、増水や濁りにより更に狙いが絞りづらくなっています。
この状況下ではとにかく魚にルアーを見つけてもらうことを重要視し、馬の瀬やシャローポイントに絞り、
ミノーは音と波動を意識したルアー選択で釣行しました。

ポイントについては、地元の強みがあり、数ヶ所頭に浮かびました。
後は実際にフィールドに立ち、今の水位での流れの強さなどを見てポイントを選定しました。

早朝、上記を意識し今季3本目のサクラマスを手にすることができ、
このパターンが今日の状況に合っていることを確信。

一度川を上がって仕事をした後、昼前に朝とは違うポイントへ。

トロ瀬から展開するかけあがりにストラクチャーがあるポイント。
流れは申し分ないが、水位がベストより50cm以上高い状況。
ディープダイバーだとストラクチャーに引っ掛かるため、シュガーディープショートビル85Fを結びました。
シュガーディープショートビルだと少し通したいレンジより浅いのですが、
タングステンボール重心移動から生じる音と波動を信じ、じっくりと攻めていきました。

すると、本日二本目のサクラマスがヒット!

押しの強い流れの中で暴れるサクラマスのファイトは最高でした。
サイズは61cm。タフな状況下、達成感のある釣行でした。

【ヒットルアー】
シュガーディープショートビル 85F/PR-93 スティルワカサギ

ロッド:SOULS TF-JA88XHC
リール:SHIMANO ANTARES DC7LV
ライン:VARIVAS スーパートラウトアドバンス サイトエディション 12lb

(2016年4月18日掲載)