バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

濁りでもレンジバイブ

レンジバイブモニター TAKA 様(富山県在住)
2016年4月中旬 富山県・黒部川
3月早々に黒部川でサクラマスを手にすることができ、今年はかなり期待できる・・・と思いきや!
暖冬の影響により、その後は極度の渇水状態。ついには本流の水が無くなる事態に・・・。
サクラマスが遡上できない最悪な状況が3週間ほど続き、
4月になって待望の雨が降ってようやく川に水が戻ってきました。
しかし今度は濁りがとれない事態に・・・。
イライラしながら待ち続けること1週間、
なんとか釣りができるまでに水質が回復したため早朝から勇んで釣行しました。

他のアングラーも長い期間まともな釣りができない為にフラストレーションが溜まっているらしく、
夜明け前から各ポイントに待機している状況でした。
狙っていた下流域のポイントには入れず、結局上流域へ向かうことにしました。
実際川に入ってみるとまだかなり濁りが残っており、50㎝先の川底が見えない程。
それでもサクラマスが遡上していることを信じて、キャストを開始しました。

アタリもなく刻々と時間だけが過ぎていき、タイムリミットが近づいてきました。
「やはり濁りがきつすぎるのか?ここまで遡上していないのか??」
つい弱気な考えが頭をよぎります。

そこで思い切って、水深のあるポイントでルアーをレンジバイブに変更。
濁りでも目立つように、カラーはピンクゴールドストライプグローをチョイス。
ロストを覚悟のうえで丁寧に底をとりながら、流れに乗せて手元でレンジバイブの波動を感じつつ、
極力巻き取らず・・・ルアーをできるだけ長くポイントにステイさせる釣り方で少しずつ下っていくと、
突然ガツンとひったくるようなアタリ!

ドラグが唸ってラインがどんどん出ていき、
はるか下流でサクラマスがギランギランとローリングしているのが見えmた・・・

ほぼ1か月ぶりのヒットに心拍数は急上昇!
何度か突っ込みをかわしながら、無事ランディングに成功!長いトンネルをようやく抜け出しました。

さすがは最後の切り札、レンジバイブ。
濁ったときにも威力を発揮することがわかり、今後さらに出番が多くなりそうです。

【ヒットルアー】
ORCレンジバイブ 80ES/M-313 ピンクゴールドストライプグロー


(2016年4月18日掲載)