バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

シーズン1本目をレンジバイブで!

レンジバイブモニター 紙谷 博宗 様(富山県在住)
2016年4月14日 富山県・庄川
サクラマス激戦区、北陸。
時代、流行により今の北陸地方は本当にアングラーが多く、どの河川でも人・人・人・・。

私は神通川、黒部川と抽選に外れ、なかなか思うような展開で仕留めるのは正直なところ、諦めていました。
そこで先日もご紹介させて頂きましたが、渓流のイワナやヤマメを狙ったりしながら、
焦らずにサクラマスを狙っていこうと考えを変えました。

富山県では小川・黒部川が3月解禁に対して、庄川・神通川が4月1日に解禁となります。

解禁後すぐにサクラマス狙いを開始したのですが、
いきなり1本目から食いが浅く、あえなくミスで終わってしまい、日にちだけが過ぎていきました。
焦らずとはいえ、心の中では確実に不安にかられはじめていました。

4月14日。
解禁からちょうど2週間目の会社帰りに渓流を目指そうか、本流でやはりサクラマスを狙おうか・・・
迷いながらも本流へステアリングを切り、向かうことに。

久し振りのいつもの場所。昨日にかなりの雨が降り、激変した水位、川幅、そして私の嫌いな濁り。
この川では、濁りが出るとサクラマスは全く釣れないというイメージがあり、
かなりテンションの低い中での開始。
しかも風が強く、ミノーが上手くキャストできません。
そこでレンジバイブ80ESを選び、キャスト。普通に投げられる!

ミノーに比べウエイトがあり、空力特性に優れたボディシェイプ。
投げ方次第かもしれませんが、「ナイフエッジ構造」と呼ばれるこのシェイプ・・・
流れに対してのものだけではなく、逆風時においても、かなりのアドバンテージとなると確信できました。

濁りがキツく、生命感もありませんが、
「濁りでかなりタイトについているのかな?」と思い、テトラをスレスレに通すようにリトリーブ。
また普通にリトリーブするのではなく、フォールを入れながらも、
シュガーディープにて私が必ず入れるトゥイッチを加え、ブラッシングによるリアクションを狙いました。

開始後、約20分・・・・ゴン!!!

ついに!というか、やっと!!というか、間違いなくサクラマスのアタリ方!
テトラや流れを上手くかわし、焦りながらもなんとかネットへ!

身体が震えていました。

久し振りのこの〝サクラマス〟という魚の美しさに感動し、
釣れない釣りの繰り返しに快く行かせてくれる家族に感謝。
そしていつも応援してくれる、遠くの友人。本当にありがとう。

また、レンジバイブを使用するキッカケを用意して頂いたバスデイ関係者様、本当にありがとうございます。

ようやくの1本目をレンジバイブで獲り、最高の結果を残せました。
サイズ的には小型ですが、この1本に今まで懸けて努力した甲斐がありました。

今後もレンジバイブにてさらなる結果を残せればと思います。ありがとうございます!!

【ヒットルアー】
ORCレンジバイブ 80ES


(2016年4月18日掲載)