バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

渓流ベイトタックルでサクラマス

藤田 健司 様(秋田県在住)
2016年4月10日 秋田県の中規模河川
4月10日。
家族の都合で釣りができるのは早朝限定だったため、自宅近くを流れる中規模河川に入川しました。
この河川、釣友の情報だと例年より人の出入りが多いとのこと。

下流から車でポイントを見て回ると、休日ということも影響してか、確かに釣り人が多く見受けられました。
最初に混雑を避けて小さなポイントを回りますが、魚からの反応はなく、
やはり一等地に魚が溜まっているんだなぁという印象でした。

そこで解禁から釣果の多かったポイントの様子を見て回ると
1ヵ所、ちょうど先行者が川から上がったところでした。
「まぁ、ダメもとで・・・でも同じアプローチではなく・・・。」と思い、
入川しやすい川原を避けて対岸の茨の道を慎重に進み、釣りを開始。

釣り上って行くと良い流れがあり、そこに8cmシンキングミノーを投げ入れ、上下にアクションさせました。

すると、あまりやる気を感じさせないマスがチェイス。

その動きはまるで、休日に部屋着で近所のコンビニに買い物に行くかのよう・・・。
低活性なのか、はたまたスレによる警戒なのか判断がつかないまま、2度のチェイスで終了。
その後は、タイムアップとなり泣く泣く帰宅となりました。

自宅に戻り、3才の息子の子守りをしていても朝の光景が頭から離れません。
「どうやったら口を使うだろうか・・・?」
考えた結果、思い付いたのは河川規模とは不釣り合いな渓流タックル。

数年前から気になって取り組んでいる、渓流タックルでのサクラマス。
「これなら掛けられるのではないか!?」と思いました。しかし同時に、不安もありました。
支流とはいえ、この雪代の出ている時期で下流部はそれなりの広さと水量があります。

流れに乗られたら・・・

しかし昨年度、この渓流タックルで運良く5本のサクラマスを手にしています。
その中には荒瀬を引きずり回されたり、
果てしなく瀬を下られ足場の悪い川原を半ベソかきながら走って下るはめになったりと、
散々な思いをしながら釣り上げたことも。
そんな成功体験?が背中を押してくれ、思いきってチャレンジすることにしました。

翌日の早朝も考えましたが、翌日は今日より更に冷え込む予報。
チャンスは今日の午後しかないと思い、休日出勤から帰宅した御嫁様にお願いし、OKをもらいました!

現場に着くと、今朝から水位は若干下がりましたが、この程度なら魚は動かないはず。
朝の様子から着き場を予想し、沈下速度とトレースラインをイメージしアプローチを決めます。
ルアーは昨シーズン、最後のサクラマスを釣らせてくれたシュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES!
カラーはピンクヤマメBP!

アップクロスにキャストし沈下させ、底波に這わせ、少しゆっくり目に動かすと数投目にヒット!
PEラインにフロロリーダーなので、フックが伸ばされないよう、身切れしないよう
・・・魚の動きに合わせ、リールのクラッチを切りながら時間をかけてじっくりファイトし、
なんとか無事ネットインできました。

サイズは60cm。満足の1本でした。

【ヒットルアー】
シュガーミノーボトムトゥイッチャー 50ES/M-290 ピンクヤマメBP

【タックル】
ロッド:SOULS TF-E50LC
リール:リベルトピクシー2004
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ6lb


←昨年キャッチしたサクラマス
(2016年4月12日掲載)