バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

禁漁目前 山形の渓流紅ヤマメ

2015年9月中旬 山形県の小渓流
 9月中旬、今季のラスト遠征は自然豊かな山形県小国の小渓流にて渓魚をもとめて釣行してきました。林道を車で行けるところまで進み、終着点からは地図を頼りに山中を歩き、小渓流をゆっくり遡行しながら渓魚を探し求めます。川の規模は小さいながらも良型の綺麗な個体に会えると、何時までもメモリアルとして記憶に残ります。こんな楽しい一時って良いですよね。今回は仲間3人で釣行してきましたのでその時の様子を掲載します。
 なお、小河川なので河川名は非掲載とします。

【雨が多く厳しい展開と思われる中、釣行を強行】
 今まで暑くて寝苦しいとバタバタしていたのが嘘のようにめっきり涼しくなったと思えば、また暑くなったり、雨続きで必要以上に増水したりと、環境の変化が釣りに関しては悪影響となっているようであった。本来であれば秋の水量変化は良い方向に働き、渓魚の活性をあげる要因となるはずなのだが、降り方がいささか度を過ぎてマイナスになってしまったようだ・・・と先に釣行してきた友人達は口を揃える。正直釣れなかった言い訳のようにも聞こえたが、彼らとて例年釣って帰ってくるだけに厳しいのは事実とも思えた。それでも釣行を決行しなくてはならないのは、皆さんと同じで限られた時間の中で楽しい釣りに行きたいからであり、釣れなくても宴会があるからである?

【増水が少なかった支流のみは高活性】
 連休前に釣ろうと事前に有給休暇を1日追加、途中で食糧調達して釣り場に到着したのは遅めの午前11時頃であった。手始めに車から然程歩かなくても入渓できる場所を選び、短時間と決めていたので準備も早々に身軽な装備で川に降りて釣り開始。友人2名は上流へ、私はちょっと下流に下って支流を狙う事に・・・。ここは遠征してきた際に手軽に狙えるポイントで、川の規模は小さいものの、魚影はそこそこでほぼ岩魚の川である。2時間を目途に分かれ、私はボトムトゥイッチャー50ESアユカラーで探っていく。
 この時期はやや流れが緩いポイントに居付く傾向が強く、かつ遡上止めになる小堰堤下などは急流でも一時的に居付く有効なポイントとなる。ところが入渓早々に岩陰から元気よく飛び出してきた20cm強の岩魚以外はまったく反応が無い。周りの木岐が倒れたり、草が傾いた状況から察すると最近2m位は増水したと思われる痕跡がうかがえる。しばらく魚の気配が感じられなかったが、目当ての支流に行くとこちらもまた魚の姿が感じられない。やはり増水の跡が大きいと判断して早々にパス。
 少し下った逆側から差す支流は然程増水の痕跡が見られなかった。試しに入っていくと途中から魚影は濃くなり、入れ食いまでとはいかないまでも小スポットにミノーをポトリと落とすとヒュインと現れる。なかなか口を使うまでは至らないのだが、アクションをつけ続けて流れに乗せて行くと、瀬尻や小淵尻等ギリギリ捕食できる範囲でどうにかバイトしてくるような状況であった。活性が高い反面、警戒心が強いのは、多くのアングラーが常に攻めているからのように感じられた。フワリとミノーを落として反応させ、アクションをつけながらヒットポイントを任意に作るパターンが辛うじてヒットにつながる感じ。人影を少し見せるとさっと逃げてしまうし、シンキングミノーを使いライナーでビシバシ水面をたたくようにキャストを試してみると予想通りの沈黙・・・見た目にカッコイイ以外の効果はなさそうである。
 遊び心も程々に20cm~27cm程度のサイズと比較的良型の35cmが1匹、計8匹釣れたところで約束の時間になった。一旦車に戻ると既に同行者は戻ってきていた。釣果を確認すると全く釣れないとの事であった。例年ならこの時期でもそこそこ釣れて満足できる場所で、ここまで釣れないと厳しい・・・。


自然豊かな渓相
 
何のキノコ?
   

今回最大、35cmの岩魚
 
腹の白い岩魚が多かった

【砂防ダムの上下流でようやく好反応】
 そこで過去の引き出しを頼りに増水等の変化に強いポイントを探す。その中で有力なのが、砂防ダムや大きめの堰堤があるポイント。水系を変えて向かったのは砂防ダムがある上流域だ。しばらくダートの林道を走るとポツリポツリと釣り人の車が止まっている。見ると地元ナンバーなので期待度は高い。雨が降ったり止んだりと不安定な天気であるが強雨は無いようなので安全確保をしながら釣り開始。同行者は上流の支流へ入りたいようなので、私は下流の砂防ダムやや上流で降ろしてもらい、遡上魚を期待して遡行開始。この川は木の根元が流れで削られて良い雰囲気を形成しているポイントが多い。
 赤金の2/3ディープSG52Fを選択、アップクロスでキャストしてポイント通過時にややアクションを強めに切り替えてバイトを誘発する。だが時折15cm位のチビ岩魚がバイトしてくるのみで、魚影が薄く感じられるまま開始地点から1km程遡行を続ける。
 すると良さそうなポイントにたどり着いた。遠目ながらカーブのやや深い小淵に良い型の魚影が偏光越しに目視できる。淵頭へフルキャストして流れに揉ませながら流下させ、微かに見える魚影の間近でやや強めのアクションを任意に加えると慌ててバイトしてきた。小気味良い引きを楽しみネットでキャッチしたのはパーマークが大きく紅の帯が入った綺麗なヤマメ。他にも魚影が見えたのでネットに入れたまま同様に狙うと、再び同サイズのヤマメがヒット。こちらのほうがやや引きが強く元気な個体であった。ネットでランディングするとなんと初めの1匹が脱走・・・。
 しかし、こんな山奥で綺麗なヤマメが釣れる東北は素晴らしい。さっと写真を数枚撮ってリリースすると元の場所に戻っていった。その後はヤマメの気配無く、代わりに20~28cmの岩魚を5匹追加したところでフライマンが追い付いてきたので様子を聞くとイワナ1本釣ったと嬉しそうであった。彼はまだ遡行したそうな様子であったので先行させ、私は一旦林道に上がって車止め地点に行くと、丁度友人たちも戻ってきたタイミングであった。今回は釣果もそこそこで彼らも笑顔であった。


綺麗なヤマメ
 
左と同じ魚を頭側から
   

木の根元が削られたポイントが多い
   

【楽しい宴会、そして翌日】
 ある程度目的を果たした我々は途中で追加の食糧調達を行ったり温泉に入るなどしつつ、最終目的地である別の水系に到着した。こちらも林道終着点まで車で進み、途中、営林署の車とすれ違いざまに窓越しに情報を聞くと、やはり多くのアングラーが訪れているが今年は雨が多く厳しいようで皆釣れていないとの事であった、また、熊が多いから気をつけてと・・・。
 夕方、テントを張って宴会に突入。楽しい一時を過ごし、翌日この水系を数キロ遡行して岩魚を適度に釣り、午前中に今季遠征の釣行を終了とした。
 次回来る時は新緑の最盛期に訪れたいと思う。


最後に入った本流筋
 
シーズン最後の遠征を楽しんだ
   

倒木の下は絶好のポイント
   

【ルアー】
シュガー2/3ディープSG52F
シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES

【タックル】
ロッド:UFMウエダ TSS52改
リール:シマノ ステラ2000HG・ツインパワー2000MG
ライン:バリバス アドバンス4lb
フック:VANフック ストリームDT35 #10・12

(2015年9月26日掲載)