バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

小場所の釣りには闇鯰ノンラトル

佐藤 ノブヲ バスデイフィールドスタッフ(岐阜県岐阜市在住)
2015年7月21日 岐阜市内の小河川
この蒸し暑さでは夕涼みにもならないが、ナマズ狙いにふらりと近くの川へ。
川と言っても用水のような場所で、水深は浅く、ポイントは流れ込みや堰のまわりに限られる。
最初のポイント、二番目のポイントでは何も起こらず。
いつもならこのどちらかでほぼ必ずゲットできる実績場なのだが。
そこで日頃はあまりやらない上流部へ移動。
流れの効いた水門まわりに闇鯰を通すと、狙い通りにシュボッとバイト。
50cmあるかないかだが、サイズ以上の好ファイターだった。
やりとりが蒸し暑さを増長させてしまい、これ1尾で終了。
いつものことだが、正味30分に満たない釣りであった。

今回のように足場が水面から2m近くある場合、フッキングが悪くなりやすい。
川が狭いから集魚力にさほどこだわる必要もない。
おのずと闇鯰は2フックのノンラトルモデルを多用することになる。
たまには広い川でラトルモデルをぶん投げた釣りもしたいのだが
我が家のまわりにはあまりそういう場所がないのだ。
長良川本流で狙う手もあるが、今度は広すぎてポイントが絞れないしね。

なお釣り上げた魚は水を張ったトレイに寝かせている。
魚体が傷みにくいのはいいが、ペットボトルに水を入れて持ち歩くのが煩わしい(笑)

【ヒットルアー】
闇鯰スナイパー9号ノンラトル/プロトカラー


(2015年7月22日掲載)