バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

「クリアー」という選択

バスデイジャパンスタッフ 小林 卓
2015年6月25日 愛知県豊橋市の用水路
この日は日中、業務をしていると、「今日は蒸し暑い!」という声が各スタッフから聞こえました。
しかし夕方になるにつれ、気温が下がり、過ごしやすくなります。
その為、「ナマズが釣りやすいのでは?」と思い、業務終了後にナマズゲームへ行って参りました。
その様子を綴って参りたいと思います。アングラー通信をご覧の皆様、ご一読頂けると幸いです。

PM7:30
最初のフィールドに到着。
このフィールドは小さい用水路。現在は水門が閉じており、流れ込みが小さい為、
ナマズが上る事も下る事も出来ない、いわば〝細長い池〟状態。
各所で街灯が点っており、橋なども点在。ポイントが分かり易く、かつ魚が探しやすい小場所になります。

選択したルアーはもちろん〝闇鯰スナイパー9号〟
明暗部の、特に『暗』を意識してみたいと思い、
カラーは2015年NEWカラーである〝C-286 クリアー〟をチョイス。
ケミカルライトの光を前面にアピールし、ルアーの動きでその光をユラユラさせる・・・。
人の目では何も見えない暗闇を、一筋の光を揺らめかせ、ターゲットを狙う作戦です。

まずはもちろん、小さい流れ込みから。
暗闇が強いこともあり、私が思い描いているシュミレーションにピッタリです。
ファーストキャストは慎重に、流れ込み上部をピッチングで狙います。
アップからのスローリトリーブで、ラトル音が鳴るか鳴らないか・・・。
流れに身を任せて泳がせていると、いきなりド派手にバイト!
残念ながらフックアップには至らず、2発目のバイトを待ちます。
すると先程よりは小さいですが、間髪入れずバイトがあります!ロッドがしなり、横に走る!!
しかし次の瞬間、ルアーが飛び跳ね、残念ながらバレてしまいました・・・。
私のフッキング技術が未熟の為、きちんとターゲットにフックが刺さってなかったからだと思います。
しばらく他のポイントを探るも、バイトはなく・・・。悔しい思いをしながら、次のフィールドへ。

PM9:30
次のフィールドへ到着。正直、悔しい思いをしてしまった為から、延長戦です。
このフィールドは街灯がなく、完全なる『暗』・・・。
もちろん作戦は変更せず、〝C-286 クリアー〟で続行です。

今度こそ。

先程のフィールドとは異なり、範囲も大きい。さらに海が近く、潮も関係する用水路になります。
このようなフィールドには、サイズの良いナマズがキャッチできる可能性が高いと考えられます。
用水路の流れも、潮の関係からか普段より流れが強く、いかにもナマズが好みそうな流れ込みも点在。
さっそく流れ込みの波紋が切れる、用水路の中心に向けてロングキャスト。
流れが複雑になっている所へルアーを漂わせ、ケミカルライトの光を複雑に動かします。
すると読みが的中し、ここでもファーストキャストでバイト!
だが・・・残念ながら、またフックアップにはなりませんでした。
さらに水深があるため、セカンドバイトも得ることが出来ず・・・。

ポイントを変えるために、状況を確認しながら歩いていると、流れが止まっている排水溝を発見。
「念のためにキャストしてみるか・・・」と思い、ルアーを泳がせてみると
〝バフッ・・・〟と小さめのバイト。
しかし次の瞬間、急にロッドが曲がり、本日2回目のHIT!!
フッキングもなんとか成功し、悪戦苦闘しながらランディングしてみると、
大物とまではいかないが、コンディションの良い〝良型ナマズ〟でした。
写真を撮影後、この日はここで満足して納竿。思い描いた通りになった事と、課題が見えた釣行となりました。

『闇鯰スナイパー9号 C-286 クリアー』カラー塗装のアイテムにはない、
ターゲットを〝引き寄せる〟力を持ったアイテムになっております。
アングラー通信をご覧の皆様、ルアーケースにおひとつ忍ばせてみてはいかがでしょうか?
きっと〝良い仕事〟をしてくれる事と思います。

【ヒットルアー】
闇鯰スナイパー9号


(2015年6月26日掲載)