バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

今年初ナマズは闇鯰ノンラトルで

戸田 英明 様(愛知県名古屋市在住)
2015年4月下旬 岐阜県内の河川・水路
 4月下旬、岐阜県内を流れる中小規模河川と周辺の水路へと今年初のナマズゲームへと出かけました。

 ナマズの活性を知る為、スタート時にセレクトしたのは、ブレードが付いてアピール力が高い闇鯰スナイパー9号のホワイトパロットカラーです。
  まずは堰堤周辺、次に橋脚を探りを入れるもバイトはありません。ようやく、草むらが張り出した所でバフゥというバイト音と共に水柱が立ちますが、それ1度切りで魚をキャッチすることはできませんでした。
 これでトップに反応する事が解り、俄然やる気が出てキャストを繰り返します。ところがやる気とは裏腹にバイトが無いので、場所を隣接する水路に移動しました。

 狭く、水深も比較的浅い水路なので、ミスバイトでルアーに気づき魚を散らさない様にと思い、闇鯰スナイパー9号ノンラトルモデルのガンメタオレンジヘッドカラーへとチェンジ。 探っていると、水門から水が流れ出して居る所を発見。流れに対してダウンストリームにキャストし、ポコポコと優しいサウンドを出しながらゆっくりとルアーを引いて来ると、バフゥのバイト音と水柱が立ち、2度目のチェイスで手元に魚の重みが乗ったので、ラインを巻きながらアワセを入れてファイトに持ち込みます。 ロッドは絞り込まれ流れに乗り下流へと走るかと思えば、首振りを繰り返しフックを外す抵抗をみせる中、キャッチしたのは、今年1匹目の55センチオーバーのナマズ。思わずガッツポーズが出ました。
 続けて次の魚を狙います。護岸と沖の水草の間にキャストをして、間を通り抜けた瞬間に水面が割れ、この日2匹目は50センチオーバーのナマズでした。この後バイトが無くなりストップフィッシングとました。

 今年初フィッシュのキャッチに成功し、今年も闇鯰スナイパー9号シリーズが活躍してくれると思える釣行になりました。

【ヒットルアー】
闇鯰スナイパー9号 ノンラトルモデル(ガンメタオレンジヘッド)

【使用タックル】
ロッド:ロードランナーハードベイトスペシャルHB630L
リール:カルカッタコンクエスト100
ライン:ガリスウルトラジグマン WX8 PE2.5号
リーダー:シーバスショックリーダーフロロカーボン30ポンド


(2015年5月25日掲載)