バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

乗らない日はロッド選択も重要

戸田 英明 様 (愛知県名古屋市在住)
2014年7月中旬 愛知県の河川

7月中旬、愛知県内を流れる小規模河川と水路に出かけた。

まずは、水路からスタートする事に。
セレクトしたルアーは闇鯰スナイパー9号のホワイトパロットカラー。
水路の際にキャストをして、コトコト音と引き波を立てながら水面に誘い出していると、
バフゥというナマズのバイト音が出るもフックアップが出来なかった。

次に河川の際に茂る草むらにタイトにキャストをして引いてくると反応は直ぐに出るも結果は同じ。
私の状況を見ていた同行の釣友からの、ロッドのアクションを柔らかいものにしてみたらとの
アドバイスに従い、ヘビーからライトアクションにチェンジして、
木の枝葉で覆われた流れ込みの中にルアーを滑り込ませて引いてくると、
バフゥとバイト音と水柱と共にルアーが水中へと消えた。
フッキングを入れてファイトに持ち込む。
大きくロッドが曲がると同時に下流へと走った後、首降りを何度も繰り返す抵抗をいなし、
キャッチしたのは55センチのナマズ。

先ほどまでの苦戦が嘘のように一撃でフックアップが出来てしまったので、
今回はタックル次第で闇鯰スナイパー9号がより良く活きる事を知った釣行となった。
 
使用タックル
ロッド:ロードランナーヴォイスハードベイトスペシャル630L
リール:カルカッタコンクエスト200
ライン:スーパーブレイド5 2.5号
リーダー:バリバスシーバスショックリーダーフロロカーボン30ポンド


(2014年8月27日掲載)