バスデイ | 総合ルアーメーカー

株式会社バスデイジャパン

メインイメージ

釣り人の多い野池でこそ、ぶん!

根城 惇 バスデイフィールドモニター (青森県八戸市在住)
2014年8月 青森県の野池

 夏といえばやっぱり虫パターンです。虫パターン用のルアーが詰まったルアーケースをもって友人と近くの野池まで釣行しました。お約束の虫ルアー「ぶん」をセレクト。このルアーはまだ虫パターンという言葉が定着する、はるか前から発売されていたルアーです。発売当初はスローシンキングモデルも存在していましたが、使うシチュエーション、またそこで効果的であるという事もあってフローティングモデルに絞られたのでしょう。

 友人はノーシンカーワームでスタート。ブッシュが多いのでミスキャストをしないように丁寧にシェードを狙います。この池は釣れるという評判がじわじわと広まり、アングラーの数も増えていったため、最近ではルアーに反応しないバスも多くなってきました。しかし「ブッシュが濃いポイント=セルフウィードレスセッティングをしたソフトルアー」という方程式がどうしても浮かんでしまうので、プラグを使うアングラーはほとんどと言っていいほど見かけません。そんなポイントのバスだからこそ「ぶん」は最も有効なのです。ソフトルアーを見慣れたバスでも、水面でネチネチと動いているルアーは虫そのものに見えるに違いありません。


使用タックル
ロッド:ZEAL CHIMACHIMA5
リール:DAIWA フリームス2004
ライン:VARIVAS スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター4lb


(2014年8月11日掲載)